ホームシンプルライフ ≫ 我が家の奇跡、キッチンカウンターの表面スッキリが続いているたった一つのルール

我が家の奇跡、キッチンカウンターの表面スッキリが続いているたった一つのルール

キッチンカウンターの上、表面のスッキリが、継続しています。これってかなりの奇跡です。

キッチンカウンター設置史上初の奇跡と言っても過言ではないと思います。

どうして、スッキリが継続しているのか、続けていることはたった一つのルールを守っているからです。そのルールとは・・・。
【ランキングに参加しています。ポチしていただけるとうれしいです】 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク

何も置かない、絶対に置かない、意地で置かない 


スッキリ理想の形で継続中の、我が家の奇跡のキッチンカウンターです。
キッチンカウンター・3

家族全員で話し合い、決めたことはカウンターの上に「何も置かない」ということです。このルールたった一つだけです。

今まで何回もこのルールを決め、気合だけで続けようとして失敗しているので、今回は工夫をしてみました。

このルールが継続できるようにした工夫はこちらです。
・ 夫が使うモノの一時置き場の確保。
・ 郵便物など、家に入ってきたものは置かずにその場で処理。
・ 寝る前に、カウンターをキレイに拭く

一つずつ説明していきます。

夫が使うモノの一時置き場の確保 


現在、夕飯を主に担当するのは夫の役割。なので、台所に立つ時間が長くなります。

そのため、キッチンカウンターの上がプチ書斎化され、常時このようにモノが置かれていました。
キッチンカウンター・2

そうすると、ホントに不思議なのですが、置いたモノたちに吸い付かれるように、次から次へとモノがカウンター上に表れるのです。

ここに「とりあえず」でモノを置かないこと!と強く言ったところで、守られるのは半日程度です。実際に最初は半日しかキレイが続きませんでしたから。→悲劇、すっきりとしたキッチンカウンターは半日しか持たなかった・・・

そこで、夫がポイポイっとモノを放り込めるような一時置き場を作成。今は、そこに入れてくれるようになったので、「とりあえず」で置くようなモノが無くなりました。
キッチンカウンター・一時置き場
青いカゴにポイポイとモノを入れてます。表面にポイポイ置かれるよりいいですよね。


郵便物など、家に入ってきたものは置かずにその場で処理 


断捨離で有名なやましたひでこさんが推奨されるやり方「空中戦」というやつです。

モノは置いてしまったが最後、そこに集まってしまう。だから置く前に「要」と「不要」に分けること、と言われています。

これって意識しないと難しい。仕事帰りに郵便受けから取り出して、ただいまと家に入ったら「あ~疲れた」とそこらへんにポイっと置く、それが我が家の絶好の場所がキッチンカウンターです。入ると右手すぐのところにちょうどいい高さの置き場があるのですから。

今は断捨離筋肉が少しずつついてきていますので、この「空中戦」の意識ができています。置く直前に、いかんいかんと郵便物を仕分けしています。ほとんどが必要のないものだということも分かってきました。

とりあえず置くことが少なくなり、モノの吸い寄せ現象が起きていないのだと思います。

寝る前にキッチンカウンターを拭く 


全体をしっかり拭く習慣が全くありませんでした。というより、モノがあって拭けなかったんですよね。

いちいちモノをよけて拭くのもめんどくさい。使う時に、使うところをちょこっとだけ拭く。そんな感じでした。

一度キレイにした時、しっかりと表面を拭いてみたら自分自身がものすごくスッキリできたのです。これぞ一日を清々しく終えるための作業。といった感じです。

そんな気持ちよさもあって、今のところ寝る前の拭き作業、続いています。拭き上げる儀式をするから、モノを最終的に整理することができて、表面のスッキリも持続しているのではないでしょうか。

大人の徹底で、子どももルールを守れるようになった 


家族全員、ここには何も置かないようにする、ということは今までに何度も話してきたように思います。でも無駄に終わった。

今回、同じように話し合って「何も置かない」ルールが守られているのは、大人がちゃんと実践している、というところが大きいように思います。

置かないことと言いつつ、自分はモノを乗せ放題。子どものモノが置いてあると、「アンタたちは全然守れないんだからー!」と吠えていたのが今までの私です。

今回の断捨離でモノを見なおしてみると、家で一番持っているのは私。まずは自分の持ち物を整理しなきゃ、の視点で断捨離してます。

それが、功を奏してモノを置かない実践につながっているのかもしれません。

********************************

キレイが継続していると言っても、一つ視線をそらしてソファに目をやればこのありさま。
ソファの上

全ての持ち物を把握して、住所を決めて、いつでもすっきりシンプルに暮らせる日。そこにたどり着くにはもう少しかかりそうです。

でも、家の中で一番モノが置かれやすくてゴチャゴチャしやすい場所のキレイが続いている威力は、私のご機嫌をよくしてくれる効果抜群です。

このまま継続できるように、何も置かないルール、守っていきます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示