ホームスポンサー広告 ≫ 家族のガラクタ問題を解決したい時こそ自分の物を見直した方がいい理由。ホーム断捨離からの学び ≫ 家族のガラクタ問題を解決したい時こそ自分の物を見直した方がいい理由。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ランキングに参加しています。ポチしていただけるとうれしいです】 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク


家族のガラクタ問題を解決したい時こそ自分の物を見直した方がいい理由。

家の中がモノであふれている。捨てることもしないでこれだけ家に持ち込んでそんでもって片づけるのは私一人だけ、なんなのよ。

そんな風にイライラする時こそ自分の物を見直してみるといいのかも。それはこんな理由からです。
【ランキングに参加しています。ポチしていただけるとうれしいです】 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク

意外と自分がため込んでいたという事実が見えて来る。


自分が毎日何かを捨てるような断捨離が必要だった時期。ちょうど1年前くらいですね。

「みんな、もっと持ち物を見直して、片づけて、捨てて、出したらしまって。」とグチグチ言いたい気持ちでいっぱいでした。

でもやり出してみると「犯人はアンタだったね」みたいな状態。そう、自分が一番ため込んでたっていう状況だったりしたわけです。

相手をどうこうしようとする前にまずはきちんとした事実確認が重要ね、と納得できたりします。

で、こうして自分の持ち物を見直していくと家族の持ち物、私の場合は夫の持ち物をどうこうしようという気持ちが大人しくなってくるのです。

相手に完璧を求めなくなってくる。


最近断捨離をしているところはクローゼットです。先日見直しをして(→ようやくクローゼットの断捨離Part1。)残りは上の段をすすめたいところですが中断中。

やってみたら夫の物がけっこうあったのです。私から見たら即行処分で良さそうなものが。

1年前なら「ね、どうせ存在忘れてたよね」「もう捨てていいよね」と答えをすぐ出すようにせまっていたと思います。

こうやって相手をコントロールすればするほど逆効果。うっとうしそうに「分かった」と言われそのまま放置される可能性大です。

自分の物を見直して、「ため込んでいた自分」の事実を認めると相手のことも「捨てられないモノってあるよね」と寛容になれたりもします。(毎回ではない。)

こうして相手を責めたりコントロールするようなことがなくなると、なぜか思惑通りに処分してくれるというミラクルも発生します。(毎回ではない。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上の理由から、クローゼットをさっさとスッキリしたいところですが、もう少し夫の動きを見守ろうかと思ってるところです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。