ホームキッチン ≫ ガスコンロをあえて汚れの目立つ色を選んで得られた効果とは?

ガスコンロをあえて汚れの目立つ色を選んで得られた効果とは?

年末にずーっと気になっていたガスコンロを買い替えました。

それまでお掃除がままならない状態でしたので汚れの目立たないブラックにしようかかなり迷いましたが、ここはあえて白色にちかいベージュを選びました。

ベージュにして正解でした。いろんな効果をもたらしてくれています。その効果とは・・・。
【ランキングに参加しています。ポチしていただけるとうれしいです】 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク

現在の賃貸マンションに引っ越してきてもうすぐ5年。日々ガスコンロのお掃除ができていればこんなことにならなかっただろうに、というくらい悲惨なガスコンロにしてました。→ガスコンロを買い替えたいなら掃除を習慣化したらと言われたのが悔しくて、朝の15分お掃除決行。

それを毎日見るたびに「今までお掃除しなかったね」とガスコンロに責められているように思えて(責められてもしかたないのですが)寿命もきたこともあって買い替えました。

そこで迷ったのが色ですね。いっそ汚れが目立たないであろうブラックにしようと思いましたが、それでは購入する前から「これからもお掃除はテキトーでいいんだよ」と自分に刷り込むことになってしまうではないか!と気づき、あえて汚れの目立つホワイトに近いベージュを選びました。→キッチン公開、ガステーブルをついに買い替えてモチベーションアップ。

買い替えてからもうすぐ1ヶ月。まだたった1ヶ月ということもありますがキレイを保っております。↓↓↓
ガステーブル 1/7
まだまだ新品同様です。(あたりまえか)これはベージュにしたことが大きかったですね。得られた効果がいろいろとあります。

1、 行動が早くなる。


3日に1回程度、ガスコンロの天板を拭いていたような日々でしたが、汚れが目立つこともあって今はちょこちょこ作業の合間に拭いています。

この作業の合間のながら掃除は昔も教えていただいたことがありましたが、(→丁寧な暮らしをしている方たちのキッチンの共通点。コレが習慣化している方が多かったです。)かなりの威力なんだなと実感しています。

後回しにするから汚れがこびりつく→ちょっとやっても落ちないからやる気もなくす→お掃除が後回しになっていく

こんな風に悪循環を作ってたんですね。今は天板が温かい間にお掃除しているので簡単な拭きそうじで済んでいます。

2、 キレイをキープしようと意識が常に働く。


以前、元女優の君島十和子さんの本を読みました。→君島十和子『十和子道』を読んだ感想。

十和子さんのおうちの中はあえて強い色は選ばすに白を基調としています。これを見た時、「十和子さんだからできるんだって」なんて卑屈に考えていましたが、取り入れてみるものですね。

「白色をキープする気持ちは女性の美しさも育ててくれる」というようなフレーズも本の中で拝見しましたが、それがなんとなく分かる気がします。(実際に美しさが育ってきたかは別として・笑)

汚れが目立つ部分だからキレイにしておきたい、とキレイをキープしようとする意識は働いてきます。それが自然とお掃除につながりガスコンロ周りのキレイが保っている感じです。

3、 いつもキレイにできることで「私にもできる」と前向きになれる。


買い替える直前、以前のガスコンロが末期の時ですね。今思うとメンタルにとってもよくない影響を与えていたな、と思います。

まず買い替えていいものかウダウダと迷う日々。「まだギリギリ使えるのに処分していいの?」と結論の出ない日々。

迷うくせにコンロを見るたびに「掃除をちっともしなかったねってなんだか責められてる気がする」と勝手に傷つく日々。

買い替えによってそんなメンタルへの悪影響を断捨離できました。まだたった1ヶ月ではありますが、キレイが続いていることで「私にもできてるよ」「実は私ってやればできるよ」とキッチンに立つたびに応援してもらってるようでうれしい限りです。

とは言っても無事にこの状態が続いていくでしょうか。まだ少々不安が残るところですが、自分のためにもキレイをキープしていきます。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示