ホーム断捨離からの学び ≫ 2016年の振り返り。断捨離して良かったモノ。

2016年の振り返り。断捨離して良かったモノ。

今年も残りわずか。今年は思いっきり断捨離が進み、スッキリと暮らせたいい一年になりました。

その中でも、迷ったけれど結果とっても良かったと思うものを振り返っていきます。
【ランキングに参加しています。ポチしていただけるとうれしいです】 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク

1、 タンスと本棚の大型家具の断捨離。


2LDKに家族5人で住む我が家。家族はほとんどリビングで過ごし、6畳の和室で家族5人で寝る。家族みんなまさに寄り添い時には密集して暮らしてきました。(間取りや家賃についてはこちら。→間取りと家賃を公開します。

長男が中学生になるのを機に、さすがに別で寝たりお勉強できる環境を整えるべきではないかということで北側にある洋室をどうにかしようと動き始めました。

洋室を長男が寝る部屋にしようと思うと気になるのが大型家具のタンスと本棚です。地震大国ニッポンですから、寝ている時に長男だけに何かあっては悲しすぎます。(基本的に寝室には何も置いてません。→寝室にモノを置かない方がいい3大理由。

安全のためにも断捨離しました。リサイクル業者さんに引き取りをお願いしたところこれがまさかの査定額でショックも受けましたが、自分たちで処分をする手間と時間を考えたらとっても有難かったですね。

まだ使えるモノを処分してしまい胸がとっても痛みましたが、その痛みがあったからこそ「簡単にモノを買わない」という大きな誓いができました。

おかげで今年は衝動買いゼロ。お買い物に対して時間を置いて考えることができました。

2、 ソファの断捨離


破れて中の綿が出てきても処分することができなかったソファ。ダラ~っと過ごすためには絶対に必要だと思ってました。

それだけに処分するのにも勇気がいりました。破れてもう補修不可能だというのにです。

処分してダラ~っとうたた寝するようなリビングではなくなりましたが、ソファのクッションの隙間や下にホコリがたっぷりたまることもなくなりました。不便どころかリビングのお掃除がとーっても楽になりました。

ソファについ脱いだ服や畳んだ洗濯物をそのままにしていたりということがありました。今はそんな溜まり場がなくなり、多少片付いてないリビングでも前よりスッキリ見えるのもうれしいところです。

リビングとダイニング合わせた空間がとっても広くなったのもお気に入りです。

ソファ断捨離のまとめ記事も参照していただけるとうれしいです。→ソファの断捨離に関する記事のまとめ。

3、 掃除機の断捨離


掃除機の断捨離。これは白状するとちょっぴり後悔する時もある断捨離です。

掃除機が我が家から姿を消しもうすぐ1年。最初は手間に感じたほうき掃除や雑巾がけも(→掃除機の断捨離で、そうじはこんな風に変わっていく。掃除機を手放そうか迷っているあなたへ。)今は儀式のようになりました。

ほうきをかけている時、シュッシュという音が心を鎮めてくれる気がします。取りこぼしたホコリが多少ありますが、それも最近はご愛嬌。気がついた時にコロコロで取ればいいや、とゆるく思えるようになってきた自分も好きです。

前はズボラなくせに変なところは妙に変なところで完璧主義でした。「掃除機をかける以上、一本の髪もホコリも許さないわ」みたいなところがありましたから。

掃除機の収納もどうしたらいいのか悩みの種でした。クローゼットや押入れには収納したくない。でも、部屋に置くと一気に物置部屋のような雰囲気を醸し出してしまう。

掃除機そのものが無くなったことで収納の必要がなくなり、この悩みも当然解決しました。

*****************

断捨離を始めるまでは絶対に必要と疑うこともなかったモノたちです。手放したことで「なんとかなるから大丈夫」と自分を信じることにもつながったような気がします。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示